知っているようで知らない離婚慰謝料

離婚に際して、夫婦のどちらか一方が婚姻関係を続けられない原因を作ったような場合、よく離婚慰謝料という言葉を聞くことがあります。ところが、よく聞く言葉だからといって、これについて詳しい知識を持っている方ばかりとはいえないのが現実でしょう。たとえば、浮気などで離婚の原因を作ったほうが、浮気されたほうから慰謝料の請求を受けることは、よくあることだといえるでしょう。また、その浮気相手のほうも、既婚者だと知っていて関係を持ったような場合には、慰謝料請求の対象者となることが考えられます。さて、そのような場合、浮気されて傷つけられたほうは、相当額の慰謝料がもらえると考えるのではないでしょうか。ところが、必ずしも慰謝料がもらえるとは限らず、またいくらもらえるといった決まりもないのが事実なのです。

夫婦が離婚に至った場合に決める必要があるさまざまなこと

夫婦関係が壊れ、離婚するとなったときには、婚姻関係の間に築き上げた財産は、ふたりの共有財産なので、分け合うことになります。また、子供がいる場合には、親権問題や、養育費といった権利の問題も浮上します。そして、離婚慰謝料もその離婚にまつわる解決しなければならない問題のひとつでしょう。しかしながら、慰謝料の金額は意外に少ないもので、婚姻関係が続いていた間に築き上げた共有財産を分割するよりも、複雑な部分があります。それは、裁判で勝訴しても、認められる慰謝料の金額は、数十万円だったり、よほどの事情があっても数百万円も受け取れるかどうかだからです。そうはいっても、離婚後の生計をどのように保っていくかによっては、一時的にまとまったお金が受け取れるのは損ではありません。

離婚慰謝料の額は裁判だけで決まるのではない

離婚慰謝料を、離婚原因を作ったパートナーに請求するとき、一般的にはどのようなことを考えるでしょうか。多分、自分が心に受けた傷の大きさを補って余りある大きな金額や、自分を傷つけた相手を打ちのめすような高額の慰謝料を頭に思い浮かべるでしょう。けれども、通常はそのような多額の慰謝料を受け取れることは、たとえ裁判に勝ったとしてもありえないのです。そこで、もしも出来るだけ多くの慰謝料を相手に求めたいと思ったら、裁判に持っていく以前に、離婚弁護士に依頼して、交渉を頼んだほうが有利かもしれません。それは、多くの方が裁判というものを嫌う傾向にあるため、それ以前の調停などの段階で、慰謝料に関する条件を弁護士に提示してもらうと、交渉次第で金額が決まるからです。慰謝料に決まった金額がないということは、逆に考えれば、このように交渉次第で有利にもなるということなのです。

お電話の方は携帯からのお問合せでも通話無料となっております。 心身共に大きく負担のかかる離婚問題ですが当事務所はご依頼者様の負担を減らし安心出来るようなサービスの提供をしております。 2016年11月17日:テレビ東京「それってタブーですか?」などのテレビ出演もしております。 過去にあった当事務所の解決事例をHPにてカテゴリーごとに掲載させて頂いておりますので参考になれば光栄です。 「離婚慰謝料」まずは焦らずお問合せ下さい!