こんな場合に離婚慰謝料はもらえるか

実は、離婚慰謝料はどんなケースでももらえるというわけではありません。相手が不法行為をしていて、それによって損害が出ている場合に、請求することができます。目に見えた損害が出ている必要はなく、常識的に考えて損失が出ているというケースならば請求ができます。具体的には、配偶者が浮気をしていたケースに、配偶者と浮気相手に慰謝料を請求することができます。浮気のほかには、DVなどの暴力の被害を受けていたというケースもあります。請求をする時には、必ずしも証拠が必要になるわけではありません。浮気と暴力に限った話ではなく、相手が不法行為をしていて、それによって損害を被ったという条件を満たしていれば、請求できる可能性があります。法律的な問題になるので、離婚に強い弁護士に相談をしてみると良いでしょう。

浮気と呼べるかどうかが微妙なケース

一般的には、キスやハグをしているだけでも、浮気と考える人が多いです。しかし、民法上の不貞行為とは、継続的な肉体関係があったことを指しますので、キスやハグをしていただけでは不法行為とまではならず、離婚慰謝料を請求することはできません。たった1回の肉体関係があっただけのケースでも、離婚慰謝料を請求することは難しいです。しかし、たった1回の肉体関係があっただけのケースでも、数十万円の慰謝料の支払いが認められたケースはあります。また、肉体関係がなくても、継続的に密会を繰り返していて、配偶者を裏切り続けていた場合などにも、慰謝料が請求できるケースがあります。また、確実な浮気があったケースでも、相手の収入などによって金額が変わってくることがあるので、まずは弁護士に相談をしてみましょう。

証拠がなくても請求ができる?相手が無職の場合は?

証拠がなくても、相手が素直に認めていれば、慰謝料の請求はできます。しかし、裁判になると証拠が必要になるので、相手が争う姿勢を見せている場合には、証拠が必要になる可能性が高いでしょう。浮気をされている場合なら、探偵に依頼をするのが一般的です。証拠がないために泣き寝入りをしなければならないというケースは多いので、なるべく早い段階で弁護士などに相談をしておくべきでしょう。自分で証拠を入手しようと動いていても、裁判で使えないような証拠だったということがあるので、専門家のアドバイスを受けたほうが確実です。相手が無職の場合でも、慰謝料を回収できるケースがあります。資産を持っている場合や、アルバイトでも収入があれば可能性があるので、諦めないようにしましょう。