離婚慰謝料についての基礎知識のまとめ

どんな場合でも、ただ無闇に感情的になって行動を起こしてよい結果を得られることはできません。離婚についても全く同様で、夫の不倫が発覚して感情的になって行動に移しても後悔だけが残ることもあります。離婚というのは人生の大きな転換点となることです。冷静になって自分ができるだけ損失を被らないような順序またはやり方で対処するほうが結果的にはよい結果をなります。精神的に傷つけられるだけではなく、金銭的にも損失を被ってはその後の人生もマイナスで生きていかなければなります。そのためには離婚慰謝料など離婚にまつわる金銭的なことをしっかりと身につけることが大切です。離婚をして夫婦生活は終わっても人生はずっと続いていくのですからその生活を守ることを考えるのが正しい対処法です。

離婚慰謝料の相場について知ることの重要性

離婚原因で最も多いのはやはり不倫です。ですが、それ以外にもDVやモラハラ、悪意の遺棄、またはセックスレスといった原因がありますが、それぞれ相場が違っています。まずDV・モラハラとは暴力的な言動で虐待をすることですが、実際の暴力だけではなく精神的に虐待を行うモラハラも立派な離婚原因になります。これらのケースのおける離婚慰謝料の相場は50万円~500万円と言われています。悪意の遺棄とはあまり聞きなれない言葉ですが、簡単に言ってしまうなら養う義務を放棄することです。例えば、勝手に家を出て行って生活費を出さないとかギャンブルやお酒におぼれて生活費を渡さないなどです。この場合の相場は50万円~300万円と言われています。次にセックスレスですが、この相場はほかの原因より少なめで100万円くらいです。

不倫が原因の場合はいろいろな相場が加わります。

普通に考えて不倫は相手に対して精神的苦痛を与えることは想像がつきます。ですからその慰謝料のほかにも不倫相手と別居生活を始めて妻に生活費を渡さない場合は先ほど説明しました「悪意の遺棄」も適用されることになり慰謝料は増えることになります。基本的に、慰謝料の決まり方は婚姻期間の長さやそれまでの夫婦生活の状況、そして忘れてはならないのは自らの責任も影響します。また子供の有無や夫婦の収入差も影響します。特にお子さんが小さい場合はお子さんに対する影響なども鑑みて金額が決まります。また、妻側が専業主婦だった場合も慰謝料に大きく影響します。なぜなら、専業主婦だったのですから生活費の確保の面で優遇されるからです。また、離婚をせずに慰謝料を請求できることも知っておいて損はありません。離婚する場合のリスクを考えて離婚せずに不倫に対する慰謝料請求を不倫相手に行うこともできます。