離婚慰謝料の相場をお伝えします

夫婦として生活をしていくことが困難になった場合は、離婚も考えることになります。離婚をした場合、ケースによっては、離婚慰謝料を請求することができる場合があるので、離婚をする前に、慰謝料のことも考えておく必要があります。では、具体的にどのくらいの離婚慰謝料を請求することができるのかというと、離婚をする理由によって違ってきます。当然離婚理由が相手方に責任が大きい方が請求することができる慰謝料の額も多くなってくると考えられます。慰謝料がもらえれば、離婚に伴う精神的なダメージを完全に克服することは難しいかもしれませんが、今後の生活のことも考えれば、しっかりと受け取れるだけの慰謝料は請求するということが大事になってきます。そのためには、ケースに応じた慰謝料の相場を知っておく必要があります。

慰謝料を請求することが可能なケース

離婚慰謝料を請求することができるケースとしては、浮気や不倫をした場合、身体的な暴力を受けた場合、悪意の遺棄を受けた場合などが挙げられます。まず、浮気や不倫については、この行為自体が不貞行為に当たりますし、浮気や不倫をされた側としては、精神的なダメージも大きいので、慰謝料を請求することができるケースとなります。次に、身体的暴力については、殴る蹴るなどの物理的な暴力だけではなく、言葉で罵るなどの精神的な暴力もこれに含まれ、慰謝料の請求することができるケースに該当してきます。悪意の遺棄については、相手が困っているにも関わらず、わざと放置させておくといったケースです。夫婦は同居して経済的にも家計を共にして互いに助け合うという義務がありますが、悪意の遺棄の場合は、それを放棄していることになるので、慰謝料を請求することができるケースとなります。

ケースごとに異なる慰謝料の相場

離婚慰謝料を請求することができるケースとしての、代表的なケースとしては、浮気や不倫、暴力、悪意の遺棄を挙げることができます。それぞれの相場とみていくと、まず、浮気や不倫については、慰謝料は100万円から500万円くらいが相場となっています。基準額を120万円として、浮気や不倫の回数や期間、理由、それによって受けた配偶者の精神的、肉体的ダメージに応じて変わってきます。暴力については、50万円から500万円くらいが相場となっています。身体的、精神的暴力の状態や暴力を振るわれた回数や期間などが慰謝料の額に関係してきます。悪意の遺棄については、50万円から300万円くらいが相場となっています。基準額を100万円として、悪意の遺棄の状況に応じて慰謝料が変わってきます。例えば、同居を拒んでいた李、生活費を入れない、夫婦間で助け合いをしないなどの事情が関係してきます。